FC2ブログ

第37回医療問題弁護団・研究会全国交流集会

平成27年11月6日、7日、大阪市で開催された医療問題弁護団・研究会全国交流集会に参加してきました。
昨年は、つくば医療問題弁護団が担当し、今年は大阪医療問題研究会が担当でした。

6日は、神奈川の弁護団による電子カルテの証拠保全について、東京の弁護団による治験における治験者保護について、大阪の研究による因果関係についての発表がありました。
いずれの発表も深く掘り下げて研究がなされており、とても勉強になりました。

7日は、現役の裁判官による最高裁判例を中心とした因果関係についての講演の後、裁判官、患者側弁護士、医療側弁護士によるパネルディスカッションが行われました。

2日間、とても充実した研修が行われ、また他の弁護団の弁護士との交流もでき、とても有意義な全国交流集会でした。



相談は随時受け付けております。申し込みは当弁護団HPもしくは当弁護団事務局にご連絡頂きますようお願い致します。

事務局長
スポンサーサイト